開幕が間近に迫ってきたFIFAワールドカップ・カタール大会。

連覇を目指すフランス代表だが、左太ももを痛めたカリム・ベンゼマが大会欠場を余儀なくされることになったと発表した。

34歳にしてバロンドールを受賞するなど好調を続けていたベンゼマだが、トレーニング中に負傷。他の選手との接触ではなく、ランニング中で痛めてしまった。

彼は前回大会では代表から追放されており、ワールドカップ優勝を成し遂げたことはない。今回は不運なアクシデントで欠場することになってしまった。バロンドール受賞者がW杯でプレーしないのは1978年大会以来のことだそう。

【関連】まだW杯で優勝したことがない世界最強の現役スター7人

フランスはポール・ポグバとエンゴロ・カンテを欠いているほか、先日にもクリストフェル・エンクンクが練習中の負傷で欠場を余儀なくされている。