開幕が間近に迫ってきたカタールワールドカップ。通常とは異なるシーズン中の開催となるなか、各方面からスケジュールへの不満や批判が噴出している。

『TUTTOmercatoWEB』によれば、セリエAで2位と好調のラツィオを率いるマウリツィオ・サッリ監督はこう述べていたそう。

「(W杯による中断は)サッカーへの侮辱だと見てみる。

誰かが説明してくれれば、私は考えを変えることができるだろう。

カタールムーブメントがマンチェスター・シティやPSGへの資金提供以外に何をサッカーにもたらすかについてね。

カレンダーを尊重しているし、怪我人のことを考えると、ここでの中断は役に立つがね」

サッリ監督は「シティやPSGへの金以外にカタールは何を与えるのか」という考えを口にしていたとか。

【関連】 43億円!大谷翔平が年俸金額で上回った世界的サッカー選手5人

なお、PSGは実質的にカタールが保有しているが、シティのオーナーはUAE。

【厳選Qoly】大谷どうなる?1位はメッシでも大谷同僚でもない!世界で最も金を稼ぐ最強スポーツ王10人