2日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第6節でセルティックと対戦し、ホームで勝利をあげたレアル・マドリー。

前半に2つのペナルティキックでリードを広げ、さらに後半スタートでマルコ・アセンシオが追加点。危なげなく力を見せ、決勝ラウンド進出を決めた。

そんな試合の前に話題になったのがDFアントニオ・リュディガーの映像。練習場のバルデベバスでのセッションで、凄まじいシュートを決めたのだが…。

【動画】色んな意味でビビらせるリュディガー

決まった直後、右足の太ももを痛めたようなジェスチャー…からのダンス!チームメイトも驚いていたようだ。

今夏チェルシーからやってきたばかりのリュディガーであるが、サイドバックもこなすなど様々な形でチームに貢献しており、選手にも非常によく受け入れられているという。

人格的にも非常に明るく、ドレッシングルームでもかなりの人気者になっているそうだ。