ミヒャエル・スキッベ監督のもとで復活を遂げたサンフレッチェ広島。リーグ優勝の芽こそ潰えたが、天皇杯とYBCルヴァンカップで決勝へ進出しており、2冠を狙っている。

そんな広島といえば、新スタジアムも大きな話題。待望のサッカー専用スタジアムが広島市中心部の中央公園に建設中だ。

今月時点での現場の様子を先日、地元の広島テレビが伝えていたぞ。

着工から8ヶ月が経ち、早くもピッチを囲むスタンドの形が見えてきた。工事を請け負う大成建設の担当者によると、進捗状況はおよそ30%とのことだ。

2024年2月の開業に向けて順調に工事が進む、約3万人収容の新スタジアム。

【関連記事】ソシエダのホームも!陸上トラックを撤去して「サッカー専用」になったスタジアム10選

新たな“聖地”の誕生を控える広島は、今週末16日に行われる天皇杯決勝、驚異的な戦いぶりで勝ち上がってきたJ2のヴァンフォーレ甲府と日産スタジアムで対戦する。

【厳選Qoly】痛恨敗退の日本代表、森保監督がアジアカップに招集するべきだった5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★