マンチェスター・ユナイテッドで長く活躍し、一時期は世界でも屈指のゴールキーパーとして名を馳せたダビド・デ・ヘア。

『Daily Mail』によれば、デ・ヘアは今回『BT Sport』の番組『What I Wore』の中で、以下のようにエピソードを語っていたという。

【動画】マンチェスター・ユナイテッドでスーパーセーブを見せるデ・ヘア

ダビド・デ・ヘア

「アトレティコ・マドリーでプレーしていた時だ。デビューしたシーズンだったね。僕はサードGKで、チームにはあまり入れず、トレーニングをしているだけだった。

その時、ウィガン・アスレティックが僕と契約するためだけに連絡を取ってきてくれた。加入に近づいていたよ」

そのころウィガン・アスレティックはスペイン人監督のロベルト・マルティネス(現ベルギー代表監督)が率いていたこともあり、デ・ヘアの獲得に動いたのだろうか。

なお、18歳だったデ・ヘアは結局アトレティコ・マドリーに残り、その18ヶ月後にマンチェスター・ユナイテッドへと移籍することになった。