レアル・マドリーを退団して、MLSのロサンゼルスFCに移籍したウェールズ代表FWギャレス・ベイル。

まだ加入して3か月ほどだが、MLS公式によれば、リーグで最もユニフォームが売れている選手になったという。これは今季開幕から9月1日までのMLSオンラインストアにおける売り上げを基にしたもの。

売り上げ2位は、レスターで岡崎慎司と仲良しだった元オーストリア代表DFクリスティアン・フックス(現シャーロットFC)。

3位はメキシコ代表FWカルロス・ベラ(ロサンゼルスFC)、4位はメキシコ代表FWチチャリート(LAギャラクシー)、そして、5位はベネズエラ代表FWジョセフ・マルティネス(アトランタ・ユナイテッド)。

【関連】adidasの「でかロゴ」が最高にクールなユニフォームTOP10

そのほかでは、トロントFCに移籍したイタリア代表ロレンツォ・インシーニェは23位、LAギャラクシーに加入した元ブラジル代表ドウグラス・コスタは24位となっている。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名