ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが8日、世界初となる自身のフットボールブランド『Capitten (キャピテン)』の立ち上げを発表した。

Capitten

イニエスタがプロとしてのキャリアを通じて培った知見に加え、25年以上に渡ってサッカーシューズを作り続けてきた、日本初のフットウェアクリエイターである井上晋平氏のクラフトマンシップが共鳴し誕生したCapitten。

スペイン語でキャプテンを意味するカピタン(Capitan)に、日本語の“縁”(en)を組み合わせたブランド名には、イニエスタが経験して培った、誰もが責任を持って困難に立ち向かい、前に進みゲームをリードする「キャプテン」である大切さ、人生という試合の中で、最も重要な「努力」の必要性といった想いが込められている。

そんなブランドの象徴となる、イニエスタの着用スパイクがこちら!

Capitten ONE PRO

Capitten ONE PRO

『Capitten ONE PRO』は、Capittenのミッションである「フットボールの価値」を体現できるコレクション。AsicsやATHLETAでスパイクを作り込んできた井上晋平氏による、本物を追求した一級品となっている。

アッパー前足部には、あらゆる足に完璧に馴染む高品質のカンガルーレザーを使用。ボールタッチに対する繊細さを最大限に高め、より高いボールコントロールを実現する。

クラシックな印象のアウトソールは、ベース部分にドイツ製のTPA樹脂を採用し、スタッド部にはTPU樹脂を採用したハイブリットソールを組み合わせている。スタッドの先端部のπを細くし、地面への貫入を高め、高いグリップ性を実現した。

2つの硬度を同時にインジェクションした中底を採用して、突き上げの軽減。あらゆるサーフェイスに対応した新しいソールとなっている。

Capitten ONE PRO

80年代のフットボールブーツのように洗練されたエレガントなデザインは、モダンフットボールの価値観が輝きを増していた当初の時代を想起させる。

Capitten ONE 888 LIMITED EDITION

※白×青と白×黒の通常モデルより一足早く、限定モデルの『Capitten ONE 888 LIMITED EDITION』が販売を開始。888足限定で、すべてにイニエスタの直筆サインが入っているという。価格は80,000円(税抜)!

以下はイニエスタのコメント。

「Capittenのプロジェクトを通じて、これまで私が培ってきた経験を伝える、表現できることは幸せなことだと思っています。

Capittenには、私のサッカーの価値観が詰まっています。チームワーク、謙虚さ、努力、粘り強さが、サッカー選手として、また人間として成功するための鍵であることを、子供たち、そしてすべての人に伝えたいと熱意を持って思っています。

チームやコミュニティの一員であることは、人生を豊かにしてくれると考えます。また共に挑む、戦うことで、自分をより強く、より良くする機会に恵まれると信じています。

Capittenであることは、責任感、リーダーシップ、チームワークを体現することに加え、自分よりも常にチームを優先しを行動することを意味します。Capittenは情熱であり、仲間の尊敬を呼び込みます」

Capitten

Capittenは、日夜サッカーに励む若年層から、サッカーを趣味として週末に活動する層まで、幅広いターゲットに向けて販売。

ゼロから作り上げた、イニエスタ選手が理想とする唯一無二のサッカーシューズを中心に、スポーツウェア、スポーツアパレルなど多岐にわたって商品展開していくとのことだ。

メンズ向けのみならず、ウィメンズ、キッズ向けにも展開されるので、リリースも楽しみに待ちたい。

【関連記事】日本人技術者がリヴァウドとともに掴んだ世界一!ミズノ『ウエーブカップ』開発秘話

なお、Qolyではフットウェアクリエイターである井上晋平氏への単独インタビューも近々お届け予定。こちらもお楽しみに!