23日に行われたウクライナ・プレミアリーグの開幕戦。ロシアの侵攻によって長らく中断されてきたものの、半年ぶりに試合が再開された。

試合自体は無観客で行われるほか、会場には避難用シェルターの設置が義務付けられた。そして残念ながらデスナ・チェルニーヒウとFKマリウポリはスタジアムが破壊されたために競技を再開できず、2つのチームが入れ替わることになった。

そして会場は首都キーウの周辺、それよりも西にある2つの州のみで行われ、ロシアとの国境から離れた場所の会場だけで集中開催される。

【動画】無観客の中で行われた開幕戦、シャフタール対メタリスト1925。高らかに歌い上げられるウクライナ国歌

それでも、サッカーが戻ってきたことはウクライナにとって非常に大きな出来事であるようだ。シャフタールのスペイン人コーチであるクーロ・ガランとダニ・デ・カストロは、『Antena 3』の取材に対して以下のように話したという。

「ロッカールームで得られた気持ちは、とても感動的なものだった。国歌が流れたときには、涙を流していた選手もいた。

戦争の最前線から帰ってきたという選手もいた。彼らのような者に何を言えばいいのだろうか。

状況は厳しい。アラームが鳴ったら攻撃の可能性がある。我々には15分が与えられ、その間にスタジアム内にあるシェルターに行かなければいけない。その15分間でアラームが鳴り終わったら、試合を再開することができるんだ。

しかしそれでも、サッカーができることは喜びだ。この国全体にとって、今起こっていることをしばし抽象化できる90分なんだ」

今も東部地域では激しい抵抗を行っているウクライナ。ピッチの中には最前線で戦闘に向かっていた選手もいたという。

厳しい状況の中で、まるで日常を奪われることに抗うかのようにサッカーを再開させたウクライナ。一刻も早く、何の障害もなくサッカーができる日が戻ることを祈りたい。