現在、元彼女であるケイト・グレヴィルに対する暴行の容疑で裁判に臨んでいるライアン・ギグス氏。

『The SUN』が伝えたところによれば、4日目の裁判における証言で元彼女側は「ギグスからノートパソコンが入った鞄を投げつけられた」と明かしたという。

その事件があったのは2019年12月、ロンドンにあるスタッフォード・ホテルの部屋の中であるとのこと。

激昂したギグスはノートパソコンが入ったバッグを全裸のケイトに向かって投げつけ、頭部に怪我を負わせたという。

さらにベッドに寝ていたケイトを蹴り、全裸のままホテルの部屋から追い出したとのことである。

それに対してギグスの弁護士は「可能な限り物事を悪く聞こえるようにしているのでは?」と質問したが、ケイト側は「100%起こった事実」と答えたとのこと。

【写真】ユナイテッド「栄光のファーガソン時代、最後のスタメン」11人の今

ギグスがケイト・グレヴィルに対して支配的な行動を取っていたと言われるのは2017年8月から2020年11月までの間。

また、その妹であるエマ・ギレヴィルに対しても暴行を行っていたとして訴えられており、それについても裁判で争われることになっている。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名