昨夏にバルセロナからPSGに電撃移籍したリオネル・メッシ。

昨季は失望に終わったが、今季は開幕戦でいきなりスーパーゴールを決めた。

そうしたなか、再びバルサ復帰説が浮上した。

『Catalunya Ràdio』によれば、バルサのジョアン・ラポルタ会長とメッシ陣営は2023年に復帰についてすでに話し合いを行っているという。

35歳になったメッシとPSGとの契約は2023年6月末までだが、1年間の延長オプションがある。

ただ、メッシは2023年夏にPSGとの契約を終え、キャリアを締めくくるためにバルサに戻るかもしれないようだ。

【関連】古巣チームに復帰して「大失敗」になった6名のスター

その契約は1年か2年になるとされており、MLSへの移籍はトーンダウンしているという。