プレミアリーグでプレーする代表選手にかけられたレイプ容疑。氏名非公表の当該選手は3件のレイプ容疑で逮捕されたが、本人は否認している。

このほど、警察当局はそのうち1件については捜査を打ち切り、不起訴となった。

『Guardian』によると、所属クラブは、状況に変化がない限り、当該選手の試合出場は可能だとしているという。

「以前にも言及したように選手は容疑を否認している。

警察は容疑のひとつについてはこれ以上行動を起こさないという声明を出した。そして、当該選手は捜査結果が出るまで保釈が延長された。

起訴はされておらず、選手はプロとしてのコミットメントを果たすことができる。

我々はその責任を重く受け止め、セーフガードポリシーと手順に従った。

この問題を注視しており、状況が変わった場合には再考を行う」

7月4日に逮捕された同選手に対する2件の容疑はまだ捜査が行われているが、10月初旬までは保釈されている。

【関連】プレミアリーグ史上最強の 「セットプレー達人」10人

この選手はプレシーズンマッチに出場しており、来月のプレミアリーグ開幕戦に起用される可能性もあるようだ。ただ、起訴された場合、クラブは直ちに出場停止処分を科すとのこと。