ユヴェントスを退団したアルゼンチン代表パウロ・ディバラはローマ移籍を決断した。

『Corriere dello Sport』によれば、背番号21に決まったディバラのユニフォームがとんでもない勢いで売れたとか。

移籍決定の翌日からショップには長蛇の列ができ、人々はディバラのユニフォームを買い求め、ローマ各所で売り切れが続出。

初日の売り上げはクリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスに移籍した際の記録に匹敵するほどのすさまじいものだったそう。

ローマストアの店員も「朝から片時も止まらずにディバラのユニフォームのプリントだけしている」と話していたそうで、ユニフォームを店先に飾る間もなく売り切れた店さえあったとのこと。

【関連】これは買うべきだった!「デザインが強烈すぎる」代表ユニフォーム10選

ディバラはロナウドの売り上げ記録を超えたという話もあるが、ソースは確認できず。