UEFAカンファレンスリーグの初代王者になったローマ。

チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督はチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグでも優勝を経験しており、3大タイトル全てを手にした。

そのモウリーニョ監督が予告していた通り、新たに彫ったタトゥーをお披露目したぞ!

左がポルトとマンチェスター・ユナイテッドで勝ち取ったEL、中央がポルトとインテルで優勝したCL、そして、右がローマで制覇したUECLだ。

モウリーニョは「これが私のタトゥー。ローマの人々の喜びが私を導いた。何か特別なもの、私がUEFAコンペティションを勝ちとった全てのクラブを称えるものを考えた。それと同時に唯一無二のタトゥーにしたかった、現時点では私にしか彫れないものに…。アルベルト(タトゥーアーティスト)はいくつかの提案をしてくれたが、少しだけ変更を加えた。これが我がタトゥーだ」と説明。

ローマで有名なタトゥーアーティストのアルベルト・マルザーリさんとともに考えたタトゥーだそう。

【関連】「タトゥーを入れていないサッカー界最強のスター10人」

それぞれのクラブを表す色も入っているようだ。