夏のプレシーズンツアーで来日するPSGは25人の来日メンバーを発表した。

除外されたジョルジニオ・ワイナルドゥム、レイヴァン・クルザワ、ユリアン・ドラクスラー、アンデル・エレーラ、ラフィーニャは構想外とされている。

昨夏加入したばかりのワイナルドゥムだが、PSGでの立場が微妙になっていることから、オランダ代表からも落選。

現地情報によれば、ローマに獲得を持ちかけたという。本人もPSG退団を希望しており、あらゆる可能性を精査しているようだ。

【関連】「モウリーニョと喧嘩別れした7人のスター選手」

なお、ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるローマはパウロ・ディバラの獲得も狙っている。

一方、PSGはリールMFレナト・サンシェズとスタッド・ランスFWウーゴ・エキティケの獲得に迫っているとのこと。