いまや日本代表に欠かせない存在になった守田英正と三笘薫の2人がDAZNの『FOOTBALL TIME』に出演した。

川崎フロンターレからベルギー1部のユニオン・サン=ジロワーズに移籍して、欧州に初挑戦した三笘はこんな話をしている。

「クラブの大きさは自分が思っている以上に小さくて。(ただ)歴史のあるチームだったんで。

施設は全然フロンターレのほうがいいかなっていうのはあったんで、逆にメンタル的にも強くなれたところはあったんですけど。

でも、技術レベルも全然日本のほうが高いですし、ただ試合になるとスピード感だったり、サッカーの違いはすごくありました。

(ベルギーで)ウィングバックをやるようになったので、確実に守備をやる回数は増えて、そこのタフさっていうか経験値は上がりましたね」

施設環境面や技術レベルはJリーグのほうが高いと実感したそう。

【関連】日本代表、大逆転でW杯メンバーを狙える6人のJリーガー

そのことでタフさが養われたというが、海外ならではのゲームスピードや質の違いなども感じたとか。