リヴァプールは14日、「スタンダード・チャータード銀行とのパートナーシップを延長した」と公式発表した。

【動画】スタンダード・チャータードとのパートナーシップ延長を発表するクロップ監督

スタンダード・チャータード銀行は2010年からリヴァプールの胸スポンサーを務めており、その額は年間4000万ポンドほどであった。

その契約期間は2023年までとなっていたため、今年リヴァプールは仮想通貨取引所やメディア、観光の企業などとも話し合いを行っていた。

しかし最終的には現在のスタンダード・チャータード銀行との契約を延長することになり、その金額は年間5000万ポンドに上昇したという。

ビル・ウィンタース(スタンダード・チャータード銀行CEO)

「2010年にリヴァプールと提携したとき、これほどのパートナーシップとクラブの成功を想像することは出来なかった。

リヴァプールは真のパートナーであり、我々も世界で最も有名なクラブのひとつと提携できていることを誇りに思っている。

今後4年間、このパートナーシップを継続できることを嬉しく思う。すでに成功している関係を更に発展させることを楽しみにしている」

なお契約にはリヴァプールの女子セクションも含まれており、そこへの投資を行うことで女子サッカーへの支援も増加させていくようだ。