レアル・マドリーからフィオレンティーナに移籍したセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチ。

6300万ユーロ(86億円)もの移籍金で加入したレアルではわずか3ゴールに終わるなど失意を味わった。

だが、新天地でのデビュー戦でいきなり4ゴールを決めたと話題になっている。

フィオレンティーナは下部チームのレアル・ヴィチェンツァとのプレシーズンマッチに7-0で圧勝。

21番をつけたヨヴィッチは、後半11分にPK、後半23分に右足、後半34分にヘッド、後半39分に左足でゴールを決めた。28分で4得点を奪った全ゴールシーンがこちら(動画2分35秒から)。

2点目は3分50秒~、3点目は4分30秒~、4点目は5分~。

ただ、チームとしてかなり差があったほか、練習試合なので公式の得点記録にもならないが…。

【関連】 「レアル・マドリー、もっとチャンスを与えてよかった12人の選手」

W杯までに復活を目指すヨヴィッチは「フィオレンティーナの一員になるチャンスをくれたことに感謝したい。イタリアのサッカーは好き。チームにうまく順応できると思う」と話している。彼にとってはチームにセルビア人がいることも大きかったようだ。