ドルトムントからマンチェスター・シティに移籍したノルウェー代表FWアーリング・ハーランド。

同じく新加入のGKシュテファン・オルテガ・モレノ、FWフリアン・アルバレスとともにお披露目イベントに登場した。

彼は2020-21シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝でシティと対戦している(2戦合計4-2でシティが勝利)。当時の対決を振り返って、こんな話をしていた。

アーリング・ハーランド

「シティと対戦したけれど、テレビで見ているのと実際にやるのとでは全く違うんだ。

25分間もボールに触れなかった!

『お願いだ!ギュンドアン、Tiki Takaをやめてくれ!』って感じだったよ。

シティのチャンスメイクは別次元だ。自分もその一員になりたい。

(シティへの移籍を選んだ理由は)予感があった。そのプレースタイル。シティに予感を感じていた。

いい選手も大勢いるし、物凄いポテンシャルがある。シティはすでに勝者だし、とてつもないポテンシャルを秘めている。本当に興奮しているよ」

シティ戦ではボールを回され続けて、25分もボールタッチができなかったとか。元ドルトムントのイルカイ・ギュンドアンにやめてくれとお願いするほどだったとか。

【動画】怪物ホーラン、シティをビビらせた電撃アシストシーン

ただ、彼はシティ戦で見事なアシストからマルコ・ロイスのゴールをアシストしている。