欧州のビッグクラブはプレシーズンツアーに繰り出している。チェルシーはアメリカのツアーに出発したが、エンゴロ・カンテとルベン・ロフタス=チークの2人がメンバーから外れた。

『ESPN』などによれば、2人がツアーに帯同しない理由は新型コロナワクチンの接種をめぐる状況によるものだとチェルシーが認めたという。

原則的にアメリカでは18歳以上の入国者は2度のワクチン接種を受けなければいけない。2人は昨年に新型コロナに罹患したが、その際、トーマス・トゥヘル監督は接種を強制することはないと話していた。

【関連】なぜかチェルシーではダメだった「世界的スターFW」5名

ただ、『Telegraph』によれば、欧州トップクラブはワクチン接種をしていない選手との契約にしり込みしているという。「ロフタス=チークのような選手がトップクラブから関心を持たれるのは難しいかもしれない」とのこと。