昨季限りでACミランとの契約が満了となっている40歳のズラタン・イブラヒモヴィッチ。

シーズンの後半はかなり重い膝の怪我を抱えていたとのことで、優勝が決まったあとすぐにその手術を受けたことが発表されている。

それによって長い間のリハビリが必要になる状況であるが、『Sky』の報道によれば「ミランとの契約延長が近づいている」とのことだ。

もともとイブラヒモヴィッチの契約には1年間の延長オプションが付随していた。今回選手側があと1年ミランでプレーすることに同意したという。

【動画】40歳のイブラヒモヴィッチが獲得したセリエAのゴール

イブラヒモヴィッチはこれからおよそ6~7ヶ月のリハビリが必要になるため、来年になるまでは出場できないと考えられている。