ウズベキスタンで行われているU-23アジアカップ。そこに参加しているU-21日本代表から、新型コロナウイルス感染症による離脱者が続出している。

12日に行われたPCR検査により、発熱が確認されていた2名の選手に新型コロナウイルスの陽性反応があった日本代表。

そして13日に行われた再度の検査で、選手1名とスタッフ1名の新型コロナウイルス陽性反応があり、彼らについてもチームから離脱することになった。

なおU-21代表はガイドラインに従って感染対策を徹底しているとのことで、チーム内には濃厚接触者はいないようだ。

【動画】1世代上の韓国に圧勝した日本代表チーム

U-21日本代表は先日ベスト8で韓国代表を撃破し、準決勝に進出。開催国ウズベキスタンとの試合は16日の日本時間午前1時からキックオフされる予定だ。