本日、国立競技場で日本代表と戦うブラジル。

練習中にリシャルリソンとヴィニシウス・ジュニオールが掴み合いになる様子が話題になった。

『Daily Mail』などは「ブラジル代表のスターが激しい口論になり、ネイマールらに引き離されることになった。2人は殴り合いに発展するところだったが、その原因は不明」と報じてた。

ただ、2人が喧嘩をしていたというのは誤報。

ヴィニシウスはSNSにこの写真をポストしていたほか、ブラジル大手紙の『Globo』も「パンチの応酬とされる画像がSNSで拡散されたが、この話はフェイクニュース」と伝えている。

リシャルリソンとヴィニシウスは喧嘩をしていたわけではなく、2人の単なる冗談だったとのこと。

【関連】「日本代表から最も多くのゴールを奪った6人の天敵選手」

よくあることだが、ブラジル代表でも練習でミスした選手が他の選手からデコピンなどの罰ゲームを受けることがある。

問題の画像はリシャルリソンへの罰ゲームの際に撮影されたもので、選手たちは険悪な雰囲気になることもなく笑いながらその場を後にしていたとのこと。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名