マンチェスター・ユナイテッドは1日、「フランス代表MFポール・ポグバは、今シーズン限りでチームを去る」と公式発表した。

かつてマンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育成されていたポグバは、トップチームでの出番がないことに不満を持ち、若くしてフリーでユヴェントスへと移籍する。

イタリアで見事な活躍を見せた彼を、マンチェスター・ユナイテッドは2016年に8900万ポンド(およそ142.6億円)もの移籍金で買い戻すことを決断した。

しかしながら、イングランドに戻ってきたポグバはなかなか一貫性ある活躍を続けることができず、ファンやメディアから批判の的になってしまった。

【動画】断続的ながら、時にはマンチェスター・ユナイテッドで鮮烈なプレーも見せていたポグバ

そして契約の最終年度となった今季、新たに2022-23シーズンの指揮官に就任することになったエリック・テン・ハフ監督がポール・ポグバの放出を容認し、延長のオファーを送らないことを決めたという。

移籍先については、フランス・リーグアンの王者であるパリ・サンジェルマンや、かつて所属していたユヴェントスへの復帰という噂が流れている。