6月6日に日本代表との親善試合を戦うブラジル代表。そのセレソンで歴代最多キャップ数を持つのが、カフーだ。

彼は超人的なタフネスを誇る右サイドバックとしてローマやミランで活躍したレジェンドである。

『ESPN』によれば、カフーはデニウソンとのポッドキャスト配信でこんな話をしていたそう。

カフー

「アレシャンドレ・パトがミランに来た時、左にはカハ・カラーゼ、中央にはパオロ・マルディーニ、右には自分がいた。アレッサンドロ・ネスタもね。

(練習では全員がパトに対して激しいプレーをしたが)カラーゼには『やりすぎだ。彼を怪我させる。もし、やったら、俺が出ていくぞ』と注意したよ。

そして、パトには『カラーゼに立ち向かえ。もし彼が殴ったら、俺がやってやる。恐れずプレーしろ。彼は俺に任せろ』と伝えた。

その後、誰も練習でパトとの1vs1をやりたがらなくなった。よく言ってたよ、『彼は手に負えない』ってね。

パトの加入から2か月が経った時、(ミランの同僚だった)セルジーニョに言ったんだ。俺たちの目の前にはブラジル史上最高のストライカーのひとりがいる。それはアレシャンドレ・パトだとね。

右にも左にも行けて、両足でシュートが打てて、フリーキックも蹴れて、ヘディングでゴールも決める。ターンも鋭く、どうやって捕まえればいいいのか分からなかった。

ミランを退団した後、あの子について聞いてみたんだ。『怪我だ。深刻ではなく小さな問題』だと言われた。

また連絡したら、『怪我』だと。1試合プレーしたら、2試合離脱する。

セルジーニョに聞いたら、『彼はプレーができない、連続性がない』と。3試合続けてプレーすることができなかった。

彼らは問題を見つけられなかった。

彼はサンパウロとコリンチャンスでも連続性がなかった。それは筋肉だった。彼は強くなったし、力強くなった。練習後にジムに行っていたよ。

パトにはセンタフォワードとして久しく見たことがないほどのポテンシャルがあった。

私はロナウド、ロマーリオ、ベベット、カレカ、エジムンド、シェフチェンコ、インザーギ、バティストゥータとプレーしたけれどね」

2006年に日本で行われたクラブW杯で彗星の如く現れたパト。10代でミランに引き抜かれるなど大きな期待を寄せられていたが、度重なる怪我に苦しめられた。

【動画】これで17歳かよ!パト、日本で有名になった変態テクシーン

カフーは「パトはロナウドよりも強かったし、爆発力があった。ただ、怪我の後、2度とプレーできなかった。アドリアーノも同じだ。すごいポテンシャルがあった。マークするのが大変だった。遅くて重いように見えるが、そうではない。誰も捕まえられなかったよ。だが、アドリアーノは早く終わってしまったし、あまりに怪我が多かったパトもそれに続くことになった。残念だ。ブラジルに必要なCFが見つかったと本当に思っていたからね」とも話していたそう。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名