5月28日に行われた関西サッカーリーグ1部の第4節、ASラランジャ京都対おこしやす京都ACの「京都ダービー」を直撃取材。

昨季は関西サッカーリーグを制覇してJFL昇格まであと一歩と迫ったおこしやす京都であるが、ここまでの3試合で1勝2敗。かなり苦しいスタートになった。

そこで迎えたのが、同じ街を本拠地として活動しているASラランジャ京都。ここまで同じ1勝2敗という結果で、勝点で並ぶ中でのダービーマッチであった。

【動画】「橙と紫の京都ダービー」で直撃。”ガーナから来た新助っ人”はなぜ日本にやってきたのか

試合は鍵山慶司選手のミドルシュート、村井清太選手の2ゴールで3-0とおこしやす京都ACが快勝する結果に。

また注目されたのはおこしやす京都ACに先日加入したばかりのDFアンサ・マクスウェル選手。いきなりの先発出場で勝利に貢献した。

アンサ・マクスウェル

「試合は本当に良かったです。他の選手もコミュニケーションをよく取ってくれました。もちろん理解が難しいところもありましたが、いいゲームだったと思います。

もちろんサッカーをするために日本へやっていました。ガーナ人のコーチがスカウトに来てくれて、このチームに入れさせていただくことになりました。

(ムスタファ監督やイブラヒム選手、ビシュー選手などガーナ人の同僚がいることについては?)

彼らがいることでチームに馴染みやすくしてくれますし、兄弟のように思っています。イブラヒムについては昔から知っている仲なので、とても心強いですね」

同じおこしやす京都ACに所属して4年目を迎えているイブラヒム選手とは昔からの幼なじみであるとのことで、日本でのプレーにも馴染みやすい状況になっているそうだ。

なお、おこしやす京都ACの次の試合は6月4日の14時から、チェントクオーレハリマとの対戦。またASラランジャ京都は同日の11時から首位の守山侍2000に挑む。どちらも会場は洛西浄化センター(アクアパルコ洛西)だ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪出場を左右する「キープレーヤー」5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら