プレミアリーグで優勝を決めたマンチェスター・シティ。アストン・ヴィラとの最終節は2点ビハインドから大逆転する劇的な形だった。

その一戦でヒーローになったのは、2ゴールを決めたイルカイ・ギュンドアン。

【動画】優勝絶望から大復活!シティを救ったギュンドアンの伝説ゴール

彼とジョゼップ・グアルディオラ監督はタイトルを争ってきたリヴァプールについてこう述べていた。

ジョゼップ・グアルディオラ

「この偉業のマグニチュードはライバルのマグニチュードと関係している。

私は人生でリヴァプールのようなチームを見たことがない。

リヴァプールにおめでとうだ。彼らのおかげで我々は毎週よりよくなれた。

今は来シーズンを語るエネルギーも意欲もない。我々はまたチャンピオンになったんだ」

イルカイ・ギュンドアン

「アンビリーバブルな試合だったね。正直、何を言えばいいのか分からないよ。

僕らも人間だし、0-2になった時は可能性が非常にわずかなものになった。

でも、シンプルなことをするだけだったよ。2点を立て続けに奪った後、3点目を奪うための10分が残っていたことに元気づけられた。

言いにくいことだけど、もしリヴァプールが彼らのスタイルや素晴らしいサッカー、成功を収めなかったら、このリーグはそれほど魅力的ではなかったと思う。

順位では僕らが上になったけれど、彼らは素晴らしいシーズンを送ったよ。

僕らはお互いを限界まで追い詰めた。

彼らにとっては悲しい日ではあるけれど、僕らは彼らがやったことを賞賛しなければいけない。

特に僕がいまでも大好きなかつての監督(クロップ)がいるしね」

リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督とギュンドアンはドルトムントでともに働いた間柄。クロップは「ギュンドアンは私が監督したなかで最高の選手のひとり」と話したこともある。