すでにPSGが優勝を決めているリーグアン。第37節では全チームの選手たちが背番号がレインボーカラーになったユニフォームを着用した。

これはホモフォビア(同性愛嫌悪)に反対し、LGBTQ+を支援するためのもの。

『RMC Sport』によれば、PSGのセネガル代表MFイドリサ・グエイはこのユニフォームを着ることを嫌がり、試合をボイコットしていたという。

彼はモンペリエ戦の遠征メンバーには含まれていたものの、試合メンバーから外れている。試合後、ポチェッティーノ監督は「イドリサは遠征したものの、個人的な理由で試合から外れた。だが、怪我ではない」と微妙な言い回しをしていた。

【動画】職人グエイ、プレミアリーグ時代の鬼ゴール

5月17日は反ホモフォビアの日であり、フランスリーグでは2019年から同様の取り組みを行っている。

グエイは昨年も同時期の試合を「胃腸炎」で突如欠場。当時関係者はボイコットの意図はないとしていたが、今年も同じ事態になったようだ。

【厳選Qoly】クロースだけじゃない「好調期に引退宣言した」7名のスター選手

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら