日本代表は、今年9月に36歳になるDF長友佑都についての議論が続いてる。

そこで今回は、そんな長友が務める左サイドバックのポジションを「センターバックから狙う」選手たちを特集してみよう。

中山 雄太

Nakayama Yuta

所属:PECズウォレ(オランダ)

長友佑都の控え一番手である中山雄太も“第一志望”はセンターバックであろう。

公称181cmとさほど大柄ではない体格、左利きでテクニックと戦術眼を備えることからボランチや左サイドバックでのプレー機会も多い。ズウォレでも現在こそ3バックの中央を任されているがシーズン当初は左サイドバックだった。

安定した守備と貴重な左足の軌道を持ったクロス、周りとの関係性を生かした攻め上がりなど、過去日本にあまりいなかった「守備的サイドバック」としての高い資質があるかに思えた。

ただ欧州でCBをやるようになって筋力強化をしたのだろうか。最近はやや動きが重くなっているようにも映り、それ以来代表でのパフォーマンスが安定しないところは不安材料だろう。