今季からジョゼ・モウリーニョ監督が率いるローマ。

UEFAカンファレンスリーグでは決勝に進出しているが、セリエAではトップ4入りを逃した。

モウリーニョ監督は来季に向けてリヴァプールからの選手引き抜きを狙っているとか。

『CalcioMercato.com』によれば、ターゲットになっているのは、DFコスタス・ツィミカスだそう。

彼は2020年にリヴァプールに加入した25歳のギリシャ人左サイドバック。チームにはアンディ・ロバートソンという絶対的な左SBがいるが、ツィミカスはユルゲン・クロップ監督からの信頼を得始めている。

【動画】リヴァプールFWサラーvsツィミカスの一触即発シーン

リヴァプールとの契約は2025年まであるものの、ユヴェントスも彼の獲得を狙っていると報じられたばかり。この夏にはその去就が注目を集めそうだ。