残り4節となったラ・リーガで残留を目指す16位マジョルカは、第35節で18位グラナダと激突する。

グラナダを率いるのは、現役時代はレアル・マドリーでもプレーしたアイトール・カランカ監督。

『AS』などによれば、そのカランカ監督は久保建英らについて、こう言及していたそう。

アイトール・カランカ(グラナダ監督)

「彼らの最大の強みは、ベンチにハビエル・アギーレ監督がいること。

私は現役時代からとてもいい関係を築いているし、彼は監督以上にいい人でもある。

マジョルカは組織力のあるチームだ。ヴェダト・ムリチやアブドン・プラッツらでダイレクトなプレーもできる。

ただ、ボールボレーをするためのサルバ・セビージャや久保、イ・ガンインらもいる。彼らにはクオリティがあるし、危険を作り出せる」

久保らボール扱いに長けたMF陣を警戒しているようだ。

【動画】久保建英vsメッシ、もう見れない天才バトルシーン

注目の一戦は日本時間7日21時にキックオフされる。