イングランド3部リーグ・ワンで、ボルトン・ワンダラーズのFWディオン・チャールズが決めたゴールが話題になっている。

試合はレギュラーシーズン最終節となるボルトン・ワンダラーズ対フリートウッド・タウン。

2-2というスコアで迎えた試合終了間際の86分、ボルトンの北アイルランド代表FWディオン・チャールズが、ルーズボールを触ろうとスライディングすると…。

【動画】ディオン・チャールズが決めた「超ロングスライディングゴール」

なんとチャールズが触ったボールは飛び上がり、なんとそのままフリートウッド・タウンが守るゴールの中へ!

なおチャールズは「キーパーが前に出ていたことを見ていたから、スライディングタックルで彼の上を越そうとしたのさ!」とジョークを言っていたという。

ちなみに、その後「かなり強くスライディングタックルをしたら、たまたまボールが飛んでった」と説明していたとのことだ。

試合はこのゴールもあってボルトン・ワンダラーズが4-2で勝利しているが、今シーズンの結果は9位となり、昇格プレーオフへの出場は逃している。