ユヴェントスで10番を背負ってきたアルゼンチン代表パウロ・ディバラ。

彼の契約は今季限りとなっており、その去就が注目されている。

『La Gazzetta dello Sport』によれば、ディバラはいまや相思相愛となっているインテルへの移籍を決めたという。

年俸600万ユーロ(8億円)+ボーナスという条件で4年契約を結ぶことにほぼ合意したとか。ディバラにはユーヴェにリベンジしたい思いもあるとのこと。

【関連】「禁断の移籍」を許して後悔した9つのケース

一方、ユーヴェはチェルシーMFジョルジーニョとラツィオMFセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチを獲得するという噂もある。