世界的な代理人の一人、ミーノ・ライオラ氏が4月30日に亡くなったことを家族が発表した。

2日前にも死亡報道があったライオラ氏。この時は数時間後、自身のTwitterにて報道を否定したが、今回はライオラ氏の家族が同じアカウントにて亡くなったことを発表している。享年54歳。

敏腕で知られたライオラ氏は、現役選手ではポール・ポグバ、ズラタン・イブラヒモヴィッチ、アーリン・ホーラン、ジャンルイージ・ドンナルンマなどを担当。ジョルジュ・メンデスやジョナサン・バーネットらとともに代理人業界の“顔”といえる一人だった。

【関連記事】”死去報道”ライオラ代理人が手掛ける「市場価値最高の10選手」

ライオラ氏は今年1月にミラノの病院に入院。生命を脅かす病気ではないと伝えられていたが、数ヶ月の間に病状が悪化し、深刻な状態になっていたという。