欧州主要リーグは佳境を迎えており、来季に向けた移籍の噂が活発になってきた。

『TUTTOmercatoWEB』によれば、ローマのジョゼ・モウリーニョ監督は、古巣であるマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーの選手獲得を狙っているとか。

1人目は、今季限りでユナイテッドを退団するセルビア代表MFネマニャ・マティッチ。彼はチェルシーでもモウリーニョに仕えており、愛弟子と呼べる存在だ。

そして、2人目は現チェルシーのルベン・ロフタス=チーク。26歳の彼は2024年まで契約があり、今季も全コンペティションで34試合に出場しているが、トーマス・トゥヘル監督の起用法がやや定まっていないようにも見える。

チェルシーがクリスタル・パレスに貸し出している若手MFコナー・ギャラハーを復帰させることになれば、放出の可能性もあるかもしれないが…。

【関連】モウリーニョに「公然と批判されたことがある」弟子10名

なお、ローマはベンフィカのセルビア代表GKミレ・スヴィラールの獲得にも迫っているとされている。