昨年限りでリトアニアのスードゥヴァを退団し、フリーエージェントとなっている本田圭佑。

『priangantimurnews』によれば、現在インドネシアの名門クラブであるペルシブ・バンドゥンへの加入が近づいているようだ。

インドネシアリーグは先月末に2021-22シーズンが終了しており、ペルシブ・バンドゥンは2位という結果となっている。

ただ、その成績にもかかわらず12名もの選手と契約延長していないとのことで、その一方で5名しかまだ加入が決まっていないとのこと。

さらに、メディアでは数日前から「香川真司か本田圭佑のどちらかを獲得するのではないか」と伝えられていたようだ。

そして20日の報道によれば、ペルシブ・バンドゥンは「本田圭佑を獲得するための動きを行っている」とのことである。

【写真】本田圭佑も!最も奇妙な「背番号3」だった8人の異端児

その信憑性は定かではないが、このところはビジネスマンやカンボジア代表GMとしての動きだけが目立っていた本田圭佑、東南アジアのピッチで再び見ることができるのだろうか。