マンチェスター・ユナイテッドのドレッシングルームで、お金を巡っての対立が起こっているそうだ。

『Mirror』によれば、その原因はマンチェスター・ユナイテッドがポール・ポグバに契約更新のオファーを出したことだという。

今シーズン限りで契約が満了になるポグバに対し、クラブ側は先日それを更新するための条件を提示したとのこと。

それはなんと週給50万ポンド(およそ8000万円)というもので、年俸に直せば42億円近くにまで達する数字だったという。

ただ、ポグバは今シーズンは怪我で長期離脱を経験しており、ピッチでも一貫性ある活躍を見せたわけではない。

【動画】開幕のリーズ戦ではなんと「4アシスト」を記録したポグバ

またポグバ自身が何度か移籍をほのめかすような発言をしており、メディアでもパリ・サンジェルマンやレアル・マドリー、ユヴェントスなどへの加入が噂されていた。

そのため、マンチェスター・ユナイテッドの他の選手たちはポグバにこの金額の提示が行われたことに怒りを抱いており、クラブ首脳陣に反発を強めているとか。

もちろん決して信憑性が高い媒体からのものではないため、事実かどうかは不明だが…。とはいえ今のポグバにそれだけの価値があるのか、ファンやメディアから疑問の声は上がっているようだ。