4月9~10日に行われた2022年関西サッカーリーグの開幕戦。淡路島のアスパ五色に1部~2部に所属する16チーム(2チームのみ別会場)が集まり、熱い戦いが繰り広げられた。

2日目の第1試合は、昨年10勝1分け3敗という結果で2位に入ったアルテリーヴォ和歌山と、2部を優勝した守山侍2000の対戦となった。

まだJリーグやJFLのクラブが存在しない和歌山県から昇格を狙うアルテリーヴォとしては、昇格組を相手に負けることができない開幕戦となった。

【動画】”Jなし県” 和歌山の雄アルテリーヴォに、守山の「サムライ」が立ち向かう。【関西リーグの2番目に長い日】

試合は66分に和歌山が先制。田口遼のシュートがポストに弾かれ、それを北島大河が拾ってゴールに決めた。さらにアディショナルタイムに久保賢悟、堀野翔が追加点を叩き込み、最終的には3-0というスコアとなった。

田口遼

「ちょっと苦戦してしまって、1点目をとるのに時間がかかりました。ただ先制してからは、最後にダメ押しのゴールも生まれて、結果的にはいい形で終わることができました。

前半はシュートがあまりありませんでした。打たないと入らないので、後半はそういうプレーを増やしていたと思います。

先制点の場面は、右サイドを抜け出したのが優正(大橋優正選手)だったので、クロスが上がってくると思いました。

ファーで待っていたら予想通り上がってきて、トラップして、落ち着いて相手を見て、かわすことができました。シュートは入らなかったですけど、それが結果的にこぼれ球で得点につながってよかったです。

(それ以外もポストに縁があった日でしたね)

ちょっとゴールの神様が微笑んでくれなかったかな、という感じですね(笑)」

開幕戦を勝利で飾ったアルテリーヴォ和歌山、次節は4月16日の14時からキックオフとなるレイジェンド滋賀FC戦。会場はビッグレイクとなる。

一方、初の関西1部で開幕戦に敗れた守山侍2000も同じくビッグレイクで4月16日に試合を行う。キックオフは11時で、相手はおこしやす京都ACだ。