4月9~10日に行われた2022年度関西サッカーリーグの開幕戦。淡路島にあるアスパ五色に1部~2部に所属する16チーム(2チームのみ他会場)が集まり、2日間にわたって激しい戦いが繰り広げられた。

その1日目の第1試合で行われたのは、昨年のリーグ王者であるおこしやす京都ACと、2部で2位となって昇格してきたFC AWJ(FC淡路島から改名)の対戦。

このシーズンに向けて多くのメンバーを入れ替え、監督もムスタファ氏に代わった”新生”おこしやす京都ACは、予想通りややギクシャクしたスタートに。

しかし10分ほど経過すると、若い選手たちやワントップのイブラヒムが徐々に噛み合い出し、立て続けにチャンスを作り出すようになっていった。

【動画】新生おこしやす京都AC、イブラヒム&村井清太&後藤大輔で4発!喜びの開幕戦【関西リーグの2番目に長い日】

試合は結局イブラヒムの2ゴール、さらに村井清太(FC今治からのローンで加入)、後藤大輔の得点で4-0に。おこしやす京都ACが素晴らしいスタートを切ることになった。

イブラヒム(おこしやす京都AC)

「今日の試合は簡単じゃなかった。難しい試合でした。しかし我々のハードワークで勝つことができたと思います。

まだまだ自分が目指す限界には達していません。ここからも努力しなければいけない。

ゴールを決められたのはよかったです。開幕戦だったので、これからもっとできるというサインのようなものだったと思います。

ムスタファ監督のサポートはありがたいです。そこで弱いところを改善していきたい。今年の初めから厳しいトレーニングが出来ていると思います」

同じガーナ出身のムスタファ氏が監督になり、さらに充実したプレーが出来ているように見えるイブラヒム。今季も注目の一人になりそうだ。

なお、おこしやす京都ACの次節は再び昇格組の守山侍2000との対戦。4月16日の11時から、滋賀県のビッグレイクでキックオフとなる。

一方厳しいスタートとなったFC AWJは、この日と同じアスパ五色で4月17日にCento Cuore HARIMAとの「兵庫ダービー」を戦う予定だ。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら