先日、父親のホルヘから「今シーズン限りで引退する」と発表されていたゴンサロ・イグアイン。

しかしながら、その後所属クラブのインテル・マイアミから発表された声明によれば、それは全く本人の意志ではなかったようだ。

ゴンサロ・イグアイン

「あれは誤解だ。もちろんそうなる可能性はあるが、現実とはなんの関係もないものだ。

僕はこのクラブに全力で取り組んでおり、その決定を下すことができるのは自分だけだ。父や他人が言うことは、僕がやっていることとは何も関係ない。

自分が最初に何かを伝える。今はこのクラブについて考えていて、契約を全うしているだけだ」

かつてナポリやユヴェントス、ミランでプレーしたアルゼンチン代表FWイグアイン。アメリカに移籍してからはなかなか結果を残せず、チームも低迷している。

【写真】なぜかチェルシーではダメだった「世界的スターFW」5名

今季は5試合で2ゴールを決めているものの、チームはなんと1分け4敗。13失点と守備が崩壊しており、イースタン・カンファレンスで最下位になっている。