現在ローマで監督を務めているジョゼ・モウリーニョ。かつてポルトやチェルシー、レアル・マドリー、インテルなどを率いた名指揮官であるが、このところはタイトルから遠ざかっている。

今季はここまでセリエAで5位につけており、ヨーロッパリーグへの出場権を獲得できるポジションにあり、解任されずにシーズンを終えられそうな状況だ。

【動画】ベンチに頭をぶつけるモウリーニョ

『Gazzetta dello Sport』によれば、モウリーニョは今回聖職者のジョゼ・トレンティーノ・デ・メンドンサ氏と対談し、その中でこのように話していたという。

ジョゼ・モウリーニョ

「我々は勝利によって報酬を得る。男性に限らず、アスリートは勝つことでお金を手にするものだ。

時には経営陣によって残酷な決定が下されることもある。チームを成熟させたり、成長させたりする時間もないままに。

サッカーの世界では過ちの代償を支払うことになる。解雇されたりもする。選手がミスを犯せば、他の選手がそのポジションを奪うものだ。

私が受け入れられないのは、才能の浪費だ。サッカー界で30年生きてからも、まだ受け入れがたい。

それは選手が持っている生き方に関連している。その意味では我々はその核心への導き手になるよう努めなければならない。ハイレベルのスポーツは残酷なものだ。

私は人として進化してきたように思う。長年、私は自分のために勝ちたいと思っていた。

勝利に対する渇望はそのままに、今は自分のためではなく、まだ勝利を得ていない選手たちにそれを味わわせてやりたい。助けてやりたいのだ」