7大会連続でワールドカップ出場を決めた日本代表。

本田圭佑は日本人で唯一となる3大会連続ゴールを決めた“ワールドカップ男”でもある。

その本田がスペイン紙『AS』のインタビューで様々な話題について語った。ミランでともにプレーしたマリオ・バロテッリについてはこんな話をしている。

本田圭佑

「(バロテッリとは良好な関係にあり、彼を導こうとしたというのは事実?彼と一緒にいることは傍から見るのと変わらないくらいに特別?)

マリオはすばらしいやつですよ。みんなが思っているような人間ではありません。

問題は自分のやりたいように好き勝手できること。

僕ら日本人はとても我慢強い人間です、一生懸命に働き、やめない。

自分は彼が成功するためにそれを説明しようとしたんです。彼は才能に溢れていましたから。

彼は話を聞いてくれましたが、続けられなかったんです。

(バロテッリはもっと高いレベルに到達できたはず…)

そうですね、そう思います。やり続けられれば」

本田は日本人のように一生懸命やり続けることの大切さをバロテッリに説いていたそう。

【動画】日本人離れしてる!本田、バロテッリに見せつけた衝撃ミドル

バロテッリはその話に耳を傾けたものの、結局、取り組みを続けることができなかったとか。