2022年カタールワールドカップのグループステージ組み合わせが決まった。グループHはポルトガル、ガーナ、ウルグアイ、韓国が同居。

このなかで、2010年大会の準々決勝でしたガーナとウルグアイにはある因縁がある。

1-1で迎えた延長戦の終了間際、ガーナの決定的シュートをルイス・スアレスがハンドで阻止。スアレスは一発レッドカードで退場になるも、アサモア・ギャンがPKを失敗してしまう。

その後、PK戦でウルグアイが勝利することになり、スアレスのプレーは物議を醸したのだ。

【動画】英雄か悪魔か…スアレスがやった因縁のハンド事件

『BBC』によれば、ガーナ側はスアレス擁するウルグアイへの“リベンジ”に燃えているという。

ガーナサッカー協会会長

「我々はこれがリベンジタイムになると信じている。

スアレスのセーブがなければ、明らかに勝っていた試合だと思っている。

ピッチ上での再戦は非常に興味深い。(あの時の)思い出がある。

記録を正すことが重要になる」