マンチェスター・ユナイテッドを率いているラルフ・ラングニック暫定監督は、今夏の段階でコンサルタントに異動することが決まっている。

そのためクラブは新しい監督を探しており、その筆頭候補がアヤックスを率いるオランダ人指揮官エリック・テン・ハーフだと伝えられる。

報道ではすでにインタビューも直接行われているとのことで、就任の可能性は高まっているとも。

そして、もしテン・ハーフ氏がマンチェスター・ユナイテッドに就任した場合、クラブを知っている人物をスタッフに入れる方針を持っているという。

『Times』によれば、テン・ハーフ氏がコーチとして招聘を検討しているのがヤープ・スタムとロビン・ファン・ペルシー、そしてルート・ファン・ニステルローイだという。

そのうちルート・ファン・ニステルローイはすでにPSVアイントホーフェンの監督に就任することが決まっており、可能性は消えている。

【写真】「監督として微妙だった」ユナイテッドのレジェンド9名

昨年途中まで久保裕也が所属しているFCシンシナティで監督を務めていたヤープ・スタム氏は、現在新たな挑戦に前向きだと伝えられている。

これまでレディング、ズヴォレ、フェイエノールト、そしてシンシナティとなかなか結果を出せていないものの、テン・ハーフ氏の下であれば古巣でコーチを務めることをいとわないようだ。