すでにカタールワールドカップへの出場を決めているデンマーク代表。

オランダとの親善試合では、心停止から戻ってきたクリスティアン・エリクセンが復活のゴールを決めた。見事な得点シーンがこちら。

ダイレクトで見事なコースにシュートを決める!エリクセンはこの日が心停止を起こしたEUROフィンランド戦以来の代表戦出場だった。

試合が行われたのは彼の古巣であるアヤックスのヨハン・クライフ・アレナだっただけに、投入時にはオランダサポーターやルイス・ファンハール監督からも拍手が送られていた。

【動画】オランダ代表も感動!エリクセンへのファンハール監督拍手シーン

そのエリクセンは1点目を決めた後にも素晴らしいプレーを披露。見事なタッチから圧巻のシュートを放つも、惜しくもポストに嫌われてしまった。試合後、彼は『NOS』でこう話していた。

クリスティアン・エリクセン

「戻ってこれて嬉しい。最高のスタートだ。

ピッチに戻るのは最高の気分だし、特に楽しみにしていた。離脱していたなんて感じないよ。

これ以上のカムバックはない。2点目も決めたかったけれどね。

(古巣アヤックスのスタジアムなので)ゴールの位置をまだ分かっているよ(笑)。

自分はいまでも同じクオリティを持った同じ選手だと感じている。違いは感じない。

自分がいまでもサッカー選手であることが嬉しい」

また、彼の復帰を相手選手も歓迎している。アヤックス出身者でもあるオランダ代表DFマタイス・デリフトは「彼が投入された時、鳥肌が立った。選手として気持ちを切り替えなければいけなかったけれど、人間でもあるからね。彼がこのレベルに戻ってきたことを僕ら全員が嬉しく思っている」とコメント。

また、デンマークのカスパー・ユーマン監督も「彼がここで温かい歓迎を受けるのを見るのは素晴らしいことだった。そして、ゴールも決めた。素晴らしい瞬間だった。クリスティアンが戻ってきたね」と讃えていた。