3月26日に行われたJFL第3節、FC大阪対ホンダロックSCの試合を取材してきました。

ここまで1勝1敗という結果となっているFC大阪は、J3昇格を目指すクラブとしてはなかなか難しいスタートに。なんとかホームで勝利を得たいところ。

一方のホンダロックは開幕から2連敗スタートとなっており、かなり難しい状況。流れを変える試合をしたいところでした。

【動画】終盤のエキサイティングな展開でFC大阪のGK永井選手が大活躍!

試合は両者ともに大きなチャンスを決めることができず、結局0-0で終了。試合終了付近でスーパーセーブを連発した永井建成は、会見で以下のように語っていた。

永井建成

「正直疲れましたね。雨の日の試合はいつも以上に集中力が上がります。

振り返ればやっぱり勝ちきりたかったというのはあります。後ろがゼロで抑えたことはよかったですが、1点でも取れていればよかった。

それはシーズンの課題として、明日からベクトルを合わせてやっていきたいと思います。

(スーパーセーブのときは)1対1になったときは『どうしよう』と一瞬思いましたけど、ただ『ここで止めたらヒーローや』と考えました。

そこで1発目を止められて、2発目もすぐに起き上がってセカンドボールも行けたので、それは普段の練習の賜物、コーチのおかげです。

(谷口選手のスーパークリアにも救われました)泣きそうになりましたね、マジでサンキューと思いました」

動画では他に谷口智紀、ウ・サンホ、塚原真也監督(FC大阪)、宮地洋輔監督(ホンダロックSC)の会見の模様を収録している。

なお、FC大阪の次の試合は4月3日の13時キックオフとなるソニー仙台とのアウェイゲーム。

ホンダロックはホームでFC神楽しまねとの対戦となる。こちらも日程は4月3日の13時キックオフだ。