今冬のマーケットでアーセナルからバルセロナへと移籍したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤング。

先日行われたレアル・マドリーとのエル・クラシコでは2ゴールをあげる活躍を見せ、いきなりスペインで存在感を発揮している。

ただ、アーセナルを退団するときの状況は厳しいものだった。

12月6日の試合でプレーしたあと、ガボン代表でのスケジュールから予定通りに帰国しなかったというトラブルなどがあり、懲戒違反でキャプテンを剥奪された。

そしてアーセナルでの出番は一切与えられなくなり、契約は相互の合意の下で解除されていた。そこにはミケル・アルテタ監督との激しい対立があったという。

そのあと移籍するわけであるが、『Daily Mail』によればアーセナルのミケル・アルテタ監督とバルセロナのチャビ・エルナンデス監督の間で興味深いことがあったようだ。

チャビは、知人でもあるアルテタに電話をかけ、オーバメヤングのキャラクターについて問い合わせたとのこと。正しい労働倫理や態度を持っているかを確認したかったそうだ。

アルテタはそこで個人的な問題を脇に置き、チャビには獲得に向けた動きを行うように勧めていたという。

【写真】次は誰になる?バルセロナが「プレミアに売った11名」

カンプ・ノウにやってきてからの11試合で8ゴールを決めているオーバメヤング。もしアルテタの勧めがなければ、バルセロナにやってきていなかったかもしれない。