セリエA第30節、宿敵ラツィオとのデルビーに3-0で快勝したローマ。開始1分で先制すると、前半40分までに3点を奪取する展開だった。

ローマのウルトラスたちは3点をリードすると、前半の段階ながら、チームがパスを回すごとに「オーレ」と合唱。だが、ジョゼ・モウリーニョ監督はそれに激怒していた。

指揮官は試合後のインタビューでその理由についてこう述べている。

ジョゼ・モウリーニョ(ローマ監督)

「『オーレ』は嫌いだ。

試合終了間際であったとしても、それを聞いた選手に与える影響が気に食わない。

選手たちが『オーレ』を試合が終わったと解釈したり、ショーをやっていると解釈するのも嫌だ。

リスペクトは非常に大事なんだ。3ゴールで勝ったが、4,5ゴールだったかもしれない。だが、相手へのリスペクトは不可欠だ」

試合が決まった場面でパスを回すごとに「オーレ」とファンが合唱するのはお馴染みの光景。ただ、モウリーニョはそれが好きではないようだ。

【動画】こりゃすげぇ!ペッレグリーニ、ラツィオを粉砕した鬼曲がりFK

この日の結果、ローマは6位、ラツィオは7位となっている。