ラ・リーガ第29節、レアル・マドリー対バルセロナのエル・クラシコでサンティアゴ・ベルナベウで行われる。

3位バルサに勝点差15をつける首位レアルだが、エースFWカリム・ベンゼマの欠場が決定。

そうしたなか、カルロ・アンチェロッティ監督は、ギャレス・ベイルとエデン・アザールの2人についてこう述べた。

カルロ・アンチェロッティ(レアル・マドリー監督)

「彼らには満足している。

このレベルの選手は常に主役になりたがるものだ。重要な役割を担うかは、監督が手渡す役割によって決まる。

私が彼らに中心的な役割を与えていないのは、他の選手たちを起用しているからだ。

ただ、プロとしての観点からいえば、2人には満足している。練習を欠席したことは一度もないし、常にいてくれる。

(攻撃陣の)オプションはある。マリアーノ、ルカ・ヨヴィッチ、イスコにロドリゴもいるからね。

選択肢は多いが、この試合に最も適していると思うものを選ぶ」

他の選手を優先的に起用しているとしつつ、2人の姿勢や態度には満足しているとのこと。

【動画】ベイル、アザールに向けた謎の笑いシーン

アザールはいまだクラシコでプレーしたことがないが果たして…。