日本人選手4人がプレーするセルティック。古橋亨梧や前田大然などスピードを持つ選手も所属している。

そうしたなか、今季チームに加わったスウェーデン人DFカール・スタルフェルトが一問一答に答える恒例企画に登場。チーム内で最も速いスピードを持つ選手について聞かれるとこう答えていた。

カール・スタルフェルト(セルティックDF)

「マイキー・ジョンソンが速いのは知っているよ。

でも、僕にもチャンスはあるかな。ヨシップ・ユラノヴィッチもね。

亨梧もかな。でも、彼がものすごく速いのは、最初の5メートルだね。

もっと長い距離なら、僕にもチャンスがあるはず」

古橋は最初の5メートルは圧巻のスピードがあるとのこと。

【動画】これは速ぇ!古橋、セルティックでの鬼スピードシーン

ただ、長距離になれば、自分にもチャンスがあるかもしれないという。スタルフェルトは187cmのセンターバックだが、スピードに自信を持っているようだ。