9日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ・ベスト16のセカンドレグ、レアル・マドリー対パリ・サンジェルマンは3-1という結果になった。

ファーストレグで1点をリードしていたパリ・サンジェルマンは、この試合もキリアン・エムバペのゴールで先制点を奪取。

しかし、後半にレアル・マドリーが大逆転。カリム・ベンゼマが16分でハットトリックを達成し、試合をひっくり返してみせた。

【動画】PSGの首脳陣が激怒したレアル・マドリーの大逆転劇

問題になっているのは、その試合終了後のできごと。『Marca』の報道によれば、パリ・サンジェルマンのナースル・アル・ハライフィ会長とレオナルドSDが、審判の控室に乗り込もうとしていたという。

激昂していたアル・ハライフィはアシスタントレフェリーの旗を叩き、破壊したとも伝えられている。

その理由は、アル・ハライフィらがカリム・ベンゼマの1点目について「ドンナルンマへのファウルではないか」と訴えていたためだという。

この場面はレアル・マドリーの従業員によって撮影されていたが、アル・ハライフィかレオナルド氏は「ビデオを削除しろ!」と叫んでいたとか。

またその映像にはアル・ハライフィ会長が「貴様を殺してやる」と叫んでいる場面も入っているとのことで、UEFAはこのビデオを調査し、懲戒処分の内容を検討している状況だそうだ。

彼らを落ち着かせるためにレアル・マドリーは警察を呼び、状況を解決しなければならなくなっていたようだ。